一般ニュース

はじめの一歩が打ち切り終了か!連載終了の理由が問題に!

更新日:

Sponsored Link

みなさんは漫画大好きですか?

私はとても大好きです。

 

 

そんな大好きな漫画の中の一つが『はじめの一歩』です。

その大好きな漫画ですが、毎週マガジンが発売するたびに読んでいました。

特に現在は、一歩が進化をしており、見所満載です。

 

 

 

そんな中、衝撃な内容が飛び込んできました。

はじめの一歩が打ち切り終了か!連載終了の理由が問題に!

それは、はじめの一歩の連載が打ち切り終了するという話です。

連載終了の本当の理由が問題になっているようです。

 

 

 

はじめの一歩の連載が打ち切り終了の理由を調査しましたのでぜひご覧ください。

はじめの一歩とは

はじめの一歩とはボクシングを題材とした漫画です。

森川ジョージさんという方が作者で漫画を書いております。

1989年43号から週刊少年マガジンで連載が始まった、長寿漫画です。

日本を代表する漫画といっても過言ではなく、アニメにもなり、現時点では119巻まで発行されています。

 

 

 

はじめの一歩のあらすじとしては、母子家庭で育った主人公『一歩』。

一歩は高校時代にいじめにあい、そんな弱い自分をなんとかしたいと思い、ボクシングに出会います。

まっすぐで素直、努力を惜しまない性格からボクシングを初めてメキメキと頭角を表します。

 

 

 

プロボクサーになり、それからチャンピオンを目指して行くという話です。

ストーリーはとても単純ですが、画力がとても素晴らしく、引き込まれ、また主人公や主人公を取り巻く人たちの人間性がとても面白く、ずっとみても飽きない漫画です。

それがはじめの一歩です。

 

 

 

そんな大好きなはじめの一歩がついに連載終了という話が上がっています。

はじめの一歩がついに連載終了か

はじめの一歩が遂に連載終了かと噂されています。

まず、その理由としてはじめに上がったのが、はじめの一歩の主人公である一歩がボクサーとしての選手生命を脅かす、パンチドランカーになったという話です。

 

 

 

パンチドランカーとは頭部への打撃の蓄積から脳に障害が起きる、ボクサー起こりやすい症状です。

パンチドランカーになると選手生命はないと言われており、その症状は頭痛や記憶障害、歩行障害や手足の震えなどです。

 

 

 

なぜ、はじめの一歩の一歩がパンチドランカーと言われていたか、その理由は

  • 線をまっすぐかけない
  • スパーリングで格下のパンチに当たりまくる
  • 同じジム仲間の鷹村が『一歩は壊れている』と発言
  • 会長も壊れていると認識
  • 一歩自身も自分が壊れていないと言い聞かせている

このことからパンチドランカーとなっていました。

 

 

 

ただ、その後疑いははれ、試合に挑むことになります。

現在はそのパンチドランカー疑いがかかったままの初めての試合を連載している最中です。

そのため、はじめの一歩がついに連載終了かと言われています!

 

 

 

ただ、はじめの一歩が連載終了になる本当の理由は別にあると言われています。

その理由を追っていきます。

Sponsored Link

はじめの一歩が打ち切り(連載)終了になる理由の真相

はじめの一歩が打ち切り(連載)終了になる理由の真相について紹介させていただきます。

まず、問題になった内容をご覧ください。

はじめの一歩の作者、森川ジョージさんが意味深なことを書いています。

やり返す

イコウフジカワ

覚えとけ

はじめの一歩の作者、森川ジョージさんが週刊少年マガジンの後ろで書いている言葉です。

イコウフジカワという人に相当、恨みを持っているのがわかりますね。

イコウフジカワについて詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

 

 

ただ、これだけでは、はじめの一歩が打ち切り(連載)終了になる理由とは言えませんね。

 

 

 

はじめの一歩が打ち切り(連載)終了になる理由は電子書籍化していないことが理由と言われています。

ほとんどの漫画は電子書籍化されていますが、はじめの一歩は電子書籍化されていません。

これは森川ジョージさんも公言しています。

このような形ではじめの一歩の電子書籍化ができていません。

 

 

 

電子書籍化からはじめの一歩が打ち切り(連載)終了になる理由がまだ見えませんのでさらに詳しくみていきましょう。

これに関しては引用元がわかりません。

この内容の『森川ジョージさんが自分自身で電子書籍化を希望し、編集部と大揉めし終了』というのはなんとも言えません。

 

 

はじめの一歩が打ち切り(連載)終了になる理由は電子書籍化が関係している可能性は高いかと思います。

ただ、はじめの一歩担当者はこのようにツイートしております。

ただ、森川ジョージさんはなにもツイートしておりませんし、今後続くというのも実際どこまで続くとは明言しておりません。

極端な話し、次の週刊少年マガジンで出しただけでも続くという言葉は言えますので、はじめの一歩が打ち切り(連載)終了がなくなったとは言いにくそうですね。

まとめ

はじめの一歩が打ち切り終了について調査しまいた。

はじめの一歩の連載終了の理由が問題になっていますが、その真相は電子書籍が問題とはまだ断言できませんが、森川ジョージさんが『イコウフジカワ』について恨みを持っていることは間違いないと思います。

 

 

 

もしも、はじめの一歩の連載が終了になるようであれば少しでも思いとどまるよう、はじめの一歩を購入したいと思います。

 

 

最後までありがとうございました。

いいねをよろしくお願いします!

Sponsored Link



Sponsored Link



-一般ニュース

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2017 All Rights Reserved.