お笑い芸人

タイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さはに痛い?名前も調査!

投稿日:

Sponsored Link

年末になると各家庭で話題となり始める番組がいくつか存在すると思いますが、その中でもガキ使は人気の高い年末番組の1つですよね。

そんなガキ使ですが、番組内に登場するタイキックの人蹴りの痛さは本当に痛いのかどうか疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

見ているとあのタイキック、痛そうな時とそうでもなさそうな時がありますよね。

 

 

今回はあのタイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さは本当に痛いのか、そしてあのタイキックの蹴りをしている人の名前も調査していきます!

タイキックの人(ガキ使)の名前は?

ではまず、タイキックの人(ガキ使)の名前を調べました。

タイキックの人(ガキ使)の名前はどうやら、「ハーカム・ナロンバット」という名前とのこと。

 

 

 

とっても珍しい名前ですよね。実はタイ出身の正真正銘のタイ人なんですって!

あと、タイキックの人(ガキ使)の名前は強そうな、なんかかっこいい名前ですよね。(なんだそれ)

ハーカム・ナロンパットのプロフィール

では続いて、タイキックの人(ガキ使)の人であるハーカム・ナロンパットさんのプロフィールを紹介します。

以下、ハーカム・ナロンパットのプロフィールです。

年齢:40~50代

職業:ムエタイトレーナー

リングネーム:トースー・ナ・ノンタチャイ

トレーナージムをやっている場所:横浜市北区

 

 

リングネーム!?
と思われた方もいらっしゃると思います。

その通り、彼はムエタイというスポーツのトレーナーを30年もやられていたとのこと!!

ムエタイのプロだからこそ、年末の大手番組にも呼ばれますし、ムエタイキックをここぞとばかりに自信を持って炸裂させることもできますよね。

タイキックの人(ガキ使)の画像を貼付けていますが、しなやかに筋肉のついたボディで蹴りを入れられたらひとたまりもなさそう。。

 

 

 

ちなみに、トレーナージムを構えている場所は横浜市北区とのこと。

関東ですのでメディア出演に呼ばれても、都内へ行きやすいですよね。

タイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さは本当に痛い?

さて、ではタイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さは本当に痛いのでしょうか?

全てのタイキックが同じ程度の痛さであるとはいいがたいですが、番組内では恐らく手加減して蹴っているのではないでしょうか?

本格的な蹴りを炸裂してしまって相手に損傷を加えてしまっては弁護沙汰になりかねません。ですからタイキックの人(ガキ使)は番組内では手加減して蹴りをしていると思います。

 

 

 

見る限り、蹴りが本当に痛そうな場面もいくつかみられますけどね。。

では、さらに詳しく検証してみます。

Sponsored Link

タイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さを動画で紹介

では次に、タイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さを動画で紹介していこうと思います。

【地獄】ガキの使いに出演してる人のタイキックは本当に痛いのか

タイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さを紹介している動画をYOUTUBEで見つけたので貼付けますね。

この蹴りを受ける役って罰ゲームどころじゃないですよね。。

 

 

 

痛さの調節をタイキックの人(ガキ使)が間違えてしまたら、あの世行きといっても過剰な表現ではないかも。。。

予備情報としてタイキックの人(ガキ使)であるハーカム・ナロンパットさんは、ムエタイの試合に200戦以上も出演したという経験があります。

トレーナーをやられているくらいですから、百戦錬磨で当たり前ですよね。

まとめ

そんなわけでタイキックの人(ガキ使)の蹴りの痛さは本当に痛いのか、そしてタイキックの人(ガキ使)の名前も調査していきました!

 

 

 

これからも年末になるとタイキックの人(ガキ使)は華麗な蹴りを披露してくれること間違いなしだと思いますが、その痛さが本当に気になる方は是非タイキックの人(ガキ使)が本業としているジムへ言ってみるのも良いですね!

Sponsored Link



Sponsored Link



-お笑い芸人

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2017 All Rights Reserved.