家電

iPhone9発売日の発表は日本のいつ?デザインや機能まとめ!

更新日:

Sponsored Link

ついに発売したiPhone8・iPhoneX(10)。

iPhoneX(10)については予約が多く、出荷が追いついてません。

私自身はiPhoneX(10)256GBをすでにゲットしましたが、Face ID(顔認証でロックを解除する機能)は思っていた以上に楽で簡単です。

 

 

アプリの起動速度も爆速になったのでかなり満足しています。

iPhone8とiPhoneX(10)について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

iPhone8・iPhoneX(10)が発売されましたが、次に気になるのがiPhone9です。

少し気が早いのかもしれませんが、すでにiPhone9の話題が出てきています。

iPhone9発売日の発表は日本のいつなんでしょうか?

現在出ているデザインや機能の情報を含めてご紹介させて頂きます。

iPhone8のスペック(機能)やデザイン

それではまず、現在発売されているiPhone8のスペック(機能)やデザインについて見てみましょう。

そこが分からないとiPhone9がどのように変わるのかどのように進化するのかが把握できません。

 

 

 

iPhone7からiPhon8になった際にスペック(機能)やデザインが変わったのか紹介させて頂きます。

大きなところでいうとiPhon8のスペック(機能)は

  • 基本容量のUP
  • True Toneディプレイの採用
  • ワイヤレス充電対応
  • 高速充電対応
  • 処理速度UP

です。

 

 

 

iPhon8に変更になったデザインは

  • ガラスデザインへの変更

です。

 

 

 

では一つずつ変更点を見ていきましょう。

iPhone8のスペック(機能) 基本容量のUP

iPhone8になりスペックとして基本容量がUPされてました。

スペックが上がり、できるアプリが多くなったことや動画や写真などを全てスマートフォンでこなす方が増え、基本容量のUPになったと推測されます。

 

 

 

iPhone7の基本容量が32GB、128GBとなっていることに対して、iPhone8では64GB、256GBとなっています。

 

 

 

特に最近のアプリは容量を使うものが多く、あっという間に容量がいっぱいになります。

私自身あまりアプリを入れない方ですが、32GBはなくなります。

 

 

 

そのため最低容量が64GBにアップしたのはとても嬉しいことですね。

iPhone8のスペック(機能) True Toneディプレイの採用

iPhone8ではTrue Toneディプレイが採用されました。

そもそも、True Toneディプレイって何と思っている方もいるかもしれません。

 

 

 

アップルではTrue Toneディプレイのことをこのように説明しています。

どんな光の下でも、最適な光で照らします。
True Toneディスプレイを搭載しました。先進的な4チャンネルの環境光センサーを搭載しました。先進的な4チャンネルの環境光センサーを使い、周囲の光に合わせてディスプレイに色と明度を自動的に適応させます。これにより、まるで紙を見ているかのうように、より自然に、そして快適に読むことができます。

どういうことか分かりにくいですね笑

 

 

 

True Toneディプレイとは、その明る場所や室内、更に暗い場所など、様々な環境に合わせて明るさだけではなく、色の調整まで行い綺麗に見せる機能と言うことです。

 

 

 

つまり、環境に合わせて最適な綺麗が画面を表示しますよってことです。

iPhone8のスペック(機能) ワイヤレス充電対応

iPhone8とからワイヤレス充電が対応になりました。

ワイヤレス充電を可能にしたのがiPhone8の背面をガラスにしたことです。

 

 

 

このことにより、iPhone8を充電器に置くだけで充電が可能です。

ここで注意点がですが、原則今までの充電方法と変わらなく、ワイヤレス充電をするには専用の充電器を別途購入する必要があります。

 

 

 

ここは注意が必要です。

iPhone8のスペック(機能) 高速充電対応

iPhone8では高速充電が可能になりました。

 

 

 

高速と言ってもどのくらいのスピードで充電できるのか気になるかと思います。

iPhone8では30分で最大50%の充電ができるとのことです。

 

 

 

私自身、充電を忘れることががありますので助かります。

iPhone8のスペック(機能) 処理速度UP

iPhone8のスペックとして処理速度がUPしたことも最大のメリットと言えます。

特にiPhone6を最近まで使っていた際に、アプリの起動が遅かったり、少しカクカクした動きでした。

 

 

 

正直速度が爆速になりました笑

iPhone7から比べてもiPhone8の処理能力は平均1.3倍ほどUPしております。

iPhon8のデザイン ガラスデザインへ変更

iPhone8になって背面がガラスデザインへ変更になりました。

すぐに割れるんじゃないのと思っている方、安心してください。

 

 

 

iPhone8で搭載されたガラスデザインでは、現段階のスマートフォンでもっとも耐久性のあるガラスで作られています。

と言っても、ガラスはガラスなので大切に扱ってください笑

 

 

 

ここまでがiPhone8のスペックや機能、デザインの情報です。

 

 

 

もちろん、iPhone9が発売された際にはiPhone8よりスペックが上回ると思いますが、発売日までは、しばらくあると思いますし、現行も素晴らしいモデルなので気になる方は、iPhone8/iPhoneX(10)をオススメします。

 

では続いてiPhone9について変更になると予想されている点について紹介させて頂きます。

iPhone9のデザインや大きさ

iPhone9のデザインや大きさについてです。

まず、iPhone6,6s,7,8とグレードが上がってきましたが、ほとんど全て大きさは同じです。

 

 

 

iPhoneX(10)も発売しているので
『iPhone9はかなりのモデルチェンジがあるのではないか?』
と予想されている方も多いかもしれません。

 

 

 

様々な方の情報を精査して、私自身出した結果としては
iPhone9の大きさはほとんど変わらない
ということになりました。

 

 

 

その理由としては2点あります。

  1. iPhone6〜8まで大きさがほとんど変わっていない
  2. iPhoneX(10)を出した以上、それ以上のデザイン変更はしづらい

と言う点です。

 

 

 

iPhone6〜8まで大きさを変更していないと言うことは、この大きさをベストだと感じているということです。

更に、iPhoneX(10)という先のナンバーを出したのにも関わらず、それより大きいデザインや飛んだデザインはiPhoneX(10)の評価を下げるという点です。

 

 

 

その為、iPhone9の大きさはほとんど変わらないとなると思います。

iPhone9のデザインについても同じです。

 

 

 

背面ガラスデザインに変更になり、それ以上のデザインをiPhone9で提案できません。

こちらもiPhoneX(10)よりiPhone9が素晴らしいとユーザーは
何でiPhone9の方がスペックが良いの?
となりかねません。

 

 

 

その為、下の画像のような

なデザインや

なデザインにiPhone9なるとは考えられません。

iPhone9のスペックや機能

それでは次に、iPhone9のスペックや機能についてもみていきましょう。

さすがにiPhone9は次世代なので、まだまだ分からないことが多く、現時点で分かっていることでも今後改善されていくことは多々あるとは思います。

 

 

 

現段階で分かっているiPhone9のスペックや機能で主なものは、内蔵チップバッテリーについてです(o^^o)

内蔵チップ

iPhone9に内蔵されるチップ。

そのチップ製造を今回、SAMSUNGとのパートナーシップ契約を結んで行なうことになったそうです( ´ ▽ ` )

 

 

 

そしてチップの大きさはなんと、今までで一番小さいサイズである7nmといわれています!

ちなみに既存の最新であるiPhone8には、10nmのチップが搭載されています。

サイズは小さくなりますが、性能は2倍にもなるんだとか(o^^o)

 

 

 

さらにサイズが小さいぶん、ほかの機能を充実させることができるというのも間違いないようですね♪

L字型バッテリー

普通スマホのバッテリーといえば、長方形などの四角い形を想像します。

しかしこの次々世代であるiPhone9には、L字型のバッテリーが搭載される予定だそうです。

これはAppleがLGに特別に注文をして作られたものだとか。

L字型のバッテリーとか、なかなかなさそうな感じですよね。

 

 

 

このバッテリーは、もちろん既存のものよりも持ちが良く、充電時間自体も短縮されるようです!

ちなみに現時点で、このL字型のバッテリーを作れるのはLGのみだそうです。

 

 

 

Appleの製品は基本的にAppleだけで作ることができず、いくつかの会社に部品を作ってもらっています。

Appleは1つの会社のみに部品製作を任せるのがイヤなようで、いくつかの会社を使うのが普通です。

そのため、いくつかの会社に出資をして同じようなものを作らせようとしましたがうまくいかず。

 

 

 

結局このL字型バッテリーを作れたのはLGのみとなったようですね( ̄▽ ̄)

Sponsored Link

iPhone9の日本での発売日と発売日の発表はいつ?

日本での発売日とその発売日の発表はいつ頃になるのでしょうか?

それでは気になるiPhone9日本での発売日はいつなのかをみてみましょう!

 

 

 

調べてみるとiPhone9の日本での発売日は2018年9月というのが今のところ有力なようです!

まだ変わる可能性はまだ十分にありますが、iPhone5以降は毎年iPhoneの発売日は9月になっています。

 

 

 

基本的には同じペースで生産を続けていくことを目標に作っているかと思いますので、iPhone9の日本での発売日も2018年9月になるかと思います。

 

 

 

iPhone9の日本での発売日の発表は発売の直前で、日本もそのほかの国も同時に発売が開始されるのではないでしょうか!

iPhone9発売日の発表は例年通り、発売の1週間前ほどになると思います。

 

 

 

こう言ったデザインはiPhone9では出ないと思います。

Apple releases New Teaser Trailer for upcoming iPhone 9 coming this year 2018!

iPhone9のdocomo、softbank、auの発売日は?

それでは最後に、iPhone9のdocomoやsoftbank、auでの発売日についてもみていきましょう!

iPhone8も発売されていない現時点では、iPhone9の具体的な発売日についてはもちろんわかりません。

発売されるときには、docomo、softbank、auとどこのキャリアであっても同時発売にはなるでしょうね。

 

 

 

今までの傾向を考えるとiPhone9もdocomo、softbank、au全て同じ発売日になると思います。

また具体的な情報が入ってき次第、情報を更新していきたいと思います♪

まとめ

すでにあらゆる噂が出てきているiPhone9。

今回はiPhone9発売日の発表は日本のいつなのか、デザインや機能についてまとめました。

 

 

 

iPhone9に内蔵されるチップはSAMSUNGとの共同で作られ、サイズも今までで一番小さくなります。

そしてL字型のバッテリーが採用され、機能的にもパワーアップは間違いありません!

iPhone9の発売日2018年9月ごろと予想でき、全世界同時発売ではあるでしょう。

 

 

 

もっと詳しいことがわかり次第、追記していきたいと思います!

 

 

 

現行のiPhone8とiPhoneX(10)のことを知りたい方はこちらをご覧ください

Sponsored Link



Sponsored Link



-家電

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2017 All Rights Reserved.