かけ放題の場合、ナビダイヤル(0570)の通話料は?なぜ有料か節約方法も紹介

3 min

ナビダイヤルとは「0570」から始まる番号で、企業や団体など複数の電話番号を一つにまとめたものです。

一つの番号にかかってきた電話に全国複数の拠点から対応できるため、企業の問い合わせ窓口や公共サービスの受付などに利用されています。

固定電話やスマートフォンなどからナビダイヤルを利用すると、通常は通話料が発生します。

そして注意したいのが、携帯電話やスマートフォン「かけ放題プラン」に加入していても、別途通話料がかかるという点です。

これは知らなかったという人も多いのではないでしょうか

そこで今回は、かけ放題プランに加入していてもナビダイヤルの通話料が発生する理由や、通話料をできるだけ節約するためのポイントについて、詳しく解説していきます。

※当サイトは、独自制作による記事コンテンツ&プロモーションを提供しております。

ナビダイヤル(0570)の通話料はなぜ有料なのか?

ナビダイヤル(0570)の通話料はなぜ有料なのか?

ナビダイヤルは、電話をかけた側(発信者側)が通話料を負担する仕組みになっています。

これは、ナビダイヤルのサービスを提供するNTTコミュニケーションズという会社が「料金設定権」を持っているためです。

料金設定権とは

電話のように複数の回線やネットワークを経由する通信サービスにおいて、複数の会社を代表して料金を設定・請求できる権利のこと。

ナビダイヤル(0570)では、一つの番号にかかってきた電話を複数の拠点に振り分ける等の役割を担うNTTコミュニケーションズが料金設定権を持っている。

ナビダイヤルの場合、通話を開始してからオペレーターにつながるまでの待ち時間にも通話料金が発生するため、注意が必要です。

一方、企業やサービスの問い合わせ窓口などに設置されているフリーダイヤル(0120)は、契約者(企業や団体)が料金を負担するシステムになっています。

そのため、フリーダイヤルにかけた場合は通話料金はかかりません。

通販などは消費者の購買を促すために、通話料無料のフリーダイヤルが使われていることが多いですね

ナビダイヤル(0570)の通話料はかけ放題プランでも有料?

ナビダイヤル(0570)の通話料はかけ放題プランでも有料?

携帯電話やスマートフォンの「かけ放題プラン」に加入していれば、ナビダイヤルにかけても通話料はかからないのでは?

一見これは正しいように見えますが、実は誤りで、ナビダイヤルへの通話はかけ放題プランの対象外となります。

携帯電話やスマートフォンを利用して、一般的な固定電話や携帯電話、スマートフォンに電話をかけた場合、料金を決めるのは「電話をかけた側の通信事業者」です。

たとえばドコモのスマートフォンから固定電話にかけた場合、料金を決定・請求する権利はドコモが持っているということになります。

しかしナビダイヤルの場合、どこの通信事業者(ドコモ、au、ソフトバンク等)を利用してかけたとしても、料金を決定・請求するのはNTTコミュニケーションズとなります。

よって、かけ放題の対象外になってしまうんですね…

「かけ放題プランに加入しているから大丈夫」と思っていると、思わぬ高額請求をされてしまう場合もあるため、注意が必要です。

ナビダイヤル(0570)への通話料を節約する方法

ナビダイヤル(0570)への通話料を節約する方法

ナビダイヤルへの通話料をすこしでも節約したい場合、次のような方法がおすすめです。

ナビダイヤルの通話料を節約する方法
  • 比較的空いている時間帯に利用する(待ち時間軽減のため)
  • 固定電話からかける
  • ナビダイヤルの利用を極力避ける

営業時間開始直後やお昼(12時~13時)、休日など、混雑している時間にナビダイヤルを利用すると待ち時間が長くなってしまい、その分通話料金が高くなってしまいます。

平日のお昼すぎ(14時~16時)が比較的つながりやすい時間帯と言われていますので、この時間を狙ってかけるとスムーズにつながります。

またナビダイヤルは、携帯電話やスマートフォンから利用すると20秒ごとに11円(税込)とかなり高額な通話料がかかります。

一方、固定電話からの利用であれば180秒ごとに9.35円(税込)で、携帯電話やスマートフォンに比べてかなり料金を抑えることができます。

家に固定電話がない場合、公衆電話を利用するのもおすすめです。(40秒ごとに11円(税込))

また、そもそもナビダイヤルの利用を避けるという対策も可能です。

問い合わせやサービスを利用する場合、ナビダイヤル以外の窓口(WEB等)があればそちらを利用するのが良いでしょう

まとめ

今回は、ナビダイヤル(0570)への通話が有料な理由と、かけ放題プランでも有料なのかどうか、通話料金を節約するための方法について解説しました。

ナビダイヤルは、フリーダイヤルや一般的な電話と違い、料金を決定・請求する権利をNTTコミュニケーションズが持っています。

そのため、各通信事業者が提供する「かけ放題プラン」の対象外となり、高額請求につながる場合もあります。

ナビダイヤルへの通話料を節約する方法としては

  • 比較的空いている時間帯にかける
  • 固定電話からかける
  • ナビダイヤルの利用を極力避ける

このような方法がありますので、ナビダイヤルをすこしでもお得に利用したい場合はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テキストのコピーはできません。