他銀行のATMで通帳記帳はできる?条件や手数料を徹底解説

2 min

通帳の記帳は、口座を開設している銀行の窓口やATMで行うのが一般的です。

しかし、住んでいる地域に銀行の支店やATMがない、仕事などで忙しく窓口に行けないといった場合もあるでしょう。

そんなとき、他銀行のATMでも通帳記帳ができるのかと疑問に思う方もいるかもしれません。

結論から言うと、他銀行のATMでも通帳記帳は可能です。

ただし、すべての銀行ATMで通帳記帳ができるわけではなく、条件があったり、手数料が異なったりします。

本記事では、他銀行のATMで通帳記帳する方法や条件、手数料などについて詳しく解説していきます。

※当サイトは、独自制作による記事コンテンツ&プロモーションを提供しております。

他銀行のATMで通帳記帳ができる場合

他銀行のATMで通帳記帳ができる場合

口座を開設している銀行とは別の銀行で通帳記帳をしたい場合、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

通帳記帳のための条件
  • 他銀行と提携している
  • 通帳記帳に対応しているATMである

提携している銀行

口座を持っている銀行が他銀行と提携している場合、提携先銀行のATMで通帳記帳ができる場合があります。

CHECK

例えば三井住友銀行の場合、三菱UFJ銀行やみずほ銀行といった都市銀行のほか、全国の地方銀行や信用組合などとも提携しています。

ただし、提携しているからといって必ずしも通帳記帳ができるわけではないため、口座開設している銀行のホームページなどをよく確認するのが良いでしょう。

通帳記帳に対応しているATM

通帳を記帳するためには、通帳記帳に対応しているATMが必要です。

一般的に、現在多くの銀行に設置されているATMは記帳に対応していますが、まれに古い機種など通帳記帳に対応していないことがあります。

コンビニに設置されているATMは、通帳記帳には対応していないので注意が必要です。

他銀行のATMで通帳記帳する際の注意点

他銀行のATMで通帳記帳をする際の注意点

他銀行のATMで通帳記帳する際は、以下の点に注意する必要があります。

他銀行ATMで記帳する際の注意点
  • 自分の銀行と提携しているかどうか
  • 通帳記帳に対応しているかどうか
  • 手数料がかかるかどうか

自分の銀行と提携しているかどうか

口座開設している銀行とは別の銀行ATMで通帳記帳したい場合は、自分の銀行と提携しているかどうかを事前に確認しておきましょう。

銀行のWEBサイトなどから調べることができます。
また、ATM周辺に提携銀行の一覧が掲示されている場合もありますよ。

ただし、提携していても通帳記帳には対応していない場合もあるため、注意が必要です。

通帳記帳に対応しているかどうか

提携している銀行のATMで通帳記帳する場合、そのATMが通帳記帳に対応している必要があります。

現在、ほとんどの銀行にあるATMは通帳記帳に対応していますが、一部古い機種などは通帳記帳ができない場合があります。

コンビニATMも、基本的に通帳記帳には対応していないので注意してください。

手数料がかかるかどうか

基本的に、通帳記帳に手数料がかかることはあまりありません。

ただし、銀行によってはそもそも紙通帳を持っているだけで手数料がかかったり、繰越の際に手数料がかかったりする場合もあります。

通帳記帳の頻度が高い場合は、インターネットバンキングやWEB通帳の利用も検討すると良いでしょう。

窓口やATMに行かなくても取引明細を確認できるため、とても便利ですよ。

まとめ

今回は、口座開設している銀行とは別の銀行ATMで通帳記帳はできるのか?について、条件や手数料などを解説しました。

提携している銀行であれば通帳記帳ができる場合もありますが、できないこともあります。

あらかじめ、銀行のWEBサイトやATM周辺の掲示などを確認しておくと安心です

また、忙しくてなかなか通帳を記帳しに行く時間が取れないという方はインターネットバンキングやWEB通帳などを利用するのも良いでしょう。

窓口やATMに行かなくても、いつでも好きな時に取引明細を確認できるため、とても便利です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テキストのコピーはできません。