iPhoneはなぜ高い?理由は円安か!買えない人はどうするか?

3 min

価格高騰が続いているiPhone。

iPhoneはなぜ高いの?と感じている方も少なくないかもしれません。

iPhoneが高い理由は円安が関係しているのでしょうか?

goto

goto

iPhoneが高すぎる!買えない人はどうする

iPhoneが高い理由と買えない人はどうすれば良いかについても紹介していきます。

iPhoneが高すぎて買えないと話題!

iPhoneが高すぎて買えないと話題!

iPhoneを新しくしたいけど高くて買えないと購入を悩んでいる人が増えています。

ネット上でもiPhoneが高すぎて買えないと話題に。

iPhoneにかかる料金をまとめたこちらのツイートには6,800件を超える「いいね」が押されており、ユーザーの注目を集めました。

「早めに機種変更しておいてよかった」や「もう買えない」などのコメントが寄せられています。

iPhoneのみならず円安自体に危機感を感じている人も多いようです。

これまで愛用してきたiPhoneの機種変更を諦めてAndroidへの乗り換えを検討している人も多数でした。

しかし、使い慣れたiPhoneを手放したくない、機種変更より修理代の方が安いので修理で我慢するなど高すぎて諦めてしまう人も多く見られました。

goto

goto

20万円を超える機種もあり、さすがに高すぎると感じている人がかなり多いようです。

iPhoneはなぜ高い?円安以外にも理由はあるのか?

iPhoneはなぜ高い?円安以外にも理由はあるのか?

iPhoneはなぜ高いのでしょう?

急速な円安により食料品や日用品などに大きな影響が出ていますが、iPhoneもまた円安の影響を受けて急速な値上げが進んでいます。

円安以外にも理由はあるのでしょうか。

おもに円安以外で大きく影響を受けているのが、コロナ禍やウクライナ情勢による長期的な半導体不足が原因であると考えられます。

半導体はスマホやパソコン、テレビなど私たちの身近なものに多く使われており、リモートワークなどの普及によってこれまで以上に半導体の需要は増える一方です。

不足していることで価格もさらに高騰し、iPhoneなどの製品に影響を及ぼしています。

それでもiPhoneは私たちの生活に欠かせない必需品のため高くても買えわざるを得ない人が多いようです。

goto

goto

需要があるので価格設定が高くても売れると踏んでメーカーが価格設定を下げないのもiPhoneが高い理由の一つです。

iPhoneが高くて買えない人はどうするべきか

iPhoneが高くて買えない人はどうするべきか

では、iPhoneが高くて買えない人はどうするべきなのでしょうか。

高い機種代は分割で払う方法もありますが、物価の高騰など生活費が家計を圧迫している現状では分割でも支払いが厳しいという人も多いかもしれません。

iPhoneを安く手に入れる方法としては

  • 格安SIMを利用する
  • 少し古い機種で妥協する
  • 中古で購入する
  • プランを安いものかつ機種代を分割にして月々の支払いを抑える

などの方法があります。

その名の通り格安の価格帯で利用できる格安SIM、格安スマホが多く普及されるようになってきました。

本体とのセットプランで価格がさらに安くなったり、月々の利用料金も安いのが魅力的です。

その他にも、型落ちで値崩れした古い機種や中古のiPhoneで妥協できればコストをかなり抑えられます。

goto

goto

お金がないけどどうしても最新機種が欲しい人はプランを安いものにして毎月の支払い額を抑えるといいかもしれません。

まとめ

生活に欠かせないものの高級品となりつつあるiPhone。

価格の高騰は私たちの生活に大きなダメージを及ぼします。

早く円安が終わり景気が回復してくれるといいですね。

生活にお金がかかる、お金がなくてiPhoneが買えない!という人も工夫すれば、iPhoneを安く手に入れられるかもしれません。

goto

goto

携帯会社やプランなどを賢く利用して、できるだけ安くiPhoneを手に入れましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください