紙の通帳の必要性は?メリットやデメリットを解説!結局いるの?いらないの?

2 min

紙の通帳は本当に必要なのでしょうか?

紙の通帳の必要性とそのメリットやデメリットを解説していきます。

goto

goto

結局、紙の通帳はいるのかいらないのかについても紹介していきますね!

紙の通帳の必要性!いる?いらない?使う時を紹介!

紙の通帳の必要性!いる?いらない?使う時を紹介!

紙の通帳はいるの?いらないの?と思ったことはありませんか?

紙の通帳を使うのはどんな時なのでしょうか。

今やほとんどの人が所有している銀行口座。

ペーパーレス化が進む現代では紙の通帳の必要性が問われるようになってきました。

それでも紙で管理したいという人からの需要があり、現金の管理や給与の受け取りの確認に紙の通帳を利用している人も多いようです。

goto

goto

ペーパーレス化やデジタル化に切り替えるのが難しい人にとっては紙の通帳は必要なものであるといえるでしょう。

一方でインターネット銀行などの普及により、スマホやパソコンで口座を管理できる方が便利だという見解もあります。

紙の通帳は銀行で記帳しなければいけませんが、ネットやアプリ上で管理ができれば銀行に行かなくてもいつでもどこでも口座の詳細を確認できます。

goto

goto

ネットやアプリで確認できれば紙の通帳はいらないという人も多いのではないでしょうか。

キャッシュカードを持たない場合や口座の利用履歴を紙で残したい時に紙の通帳を使う人が多いようです。

紙の通帳のメリット

紙の通帳のメリット

紙の通帳を利用するメリットはおもに

  • 記帳さえすれば何十年も履歴が残る
  • キャッシュカードを作らなくていい
  • 手元にある安心感
  • セキュリティがややこしくない

などが挙げられます。

もらった給与の履歴などを日記のように紙で残しておきたいという人にとっては紙の通帳は欠かせないようです。

goto

goto

紙の通帳さえあればキャッシュカードを作らなくていいので便利だという人も紙の通帳を必要としています。

その他にも通帳が手元にあれば安心だという人や、ネットのようにログインしたりしなくていいなど、セキュリティの面でもネットの方が面倒でややこしいと感じる人もいるようです。

紙の通帳のデメリット

紙の通帳のデメリット

紙の通帳のデメリットはおもに

  • 銀行に行って記帳する必要があるので手間がかかる
  • 紛失や盗難の恐れがある
  • 印刷費や管理コストなどお金がかかる
  • いくつも持っている場合は管理が面倒

などが挙げられます。

紙の通帳は銀行に行って記帳しないと自分の口座の中身が確認できないため、わざわざ銀行に足を運ぶ必要があります。

銀行が遠い人や忙しくて時間がない人にとってはかなり負担になってしまうのではないでしょうか。

紛失や盗難を心配する人も多く、印鑑と一緒に保管している人は特に注意が必要です。

また、最近では通帳の発行が有料化しており、手数料がかかる銀行もあります。

goto

goto

銀行側に印刷代や印紙税がかかるため、なるべく多くの人のデジタル通帳への誘導がおもな狙いのようです。

生活費や給与の受け取り用など複数の銀行を利用している場合は、どの銀行口座にどれくらい残高があるのか把握しきれなかったり管理も大変です。

使わない口座は定期的に見直すようにして解約するなど、こまめに整理してみるといいかもしれません。

まとめ

紙の通帳は長年、当たり前のように利用してきた人も多いのではないでしょうか。

最近ではネット銀行やデジタル通帳の普及によって、紙の通帳がなくてもインターネット上で口座を管理できるようになりました。

それでも紙の通帳の方が便利だと感じる人にとっては、これまで通り口座を管理する上で紙の通帳は必要なアイテムのようです。

今後も紙の通帳の利用を検討している方はメリット、デメリットも理解した上で改めて利用を検討してみることをおすすめします。

goto

goto

これから口座を作る方も紙の通帳の必要性も踏まえたうえで、自分に合った銀行口座の管理方法を検討してみてくださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください