身長が縮む・縮んだ中学生・高校生!原因や理由は何?可能性はある!

4 min
身長が伸びない理由・原因|中学生・高校生でも可能性はある!

現在、中学生・高校生で、身長が伸びなくて悩んでいる人も多いかと思います。

今回は、身長が縮んだ理由、伸びない理由や原因、中学生や高校生も身長が伸びる可能性を高めるアプローチの仕方について見ていきましょう。

身長が縮む・縮んだ!と悩む中学生・高校生が続出

成長期の中学生・高校生ですが、今よりももう少し身長が伸びてほしいと思っている人も多くいます。

さらに縮んだ人もいますね。

その身長を伸ばしたい理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • スポーツをするうえで有利だから
  • おしゃれをするうえで、身長が高いほうがかっこいいから
  • 周りの友達と比べて、自分の身長が低めだから
  • 異性にモテたいから

スポーツやおしゃれのためというポジティブな意見もあれば、周りと比べて気になるという、思春期の世代的な理由もあると言えるでしょう。

中学生・高校生で身長が縮む・縮んだ理由・原因

中学生・高校生で身長が伸びない理由・原因

今よりも身長を伸ばしたいと思っている人は、なぜ伸びないのでしょうか。

身長が縮む・縮んだ原因、身長が伸びない理由・原因を見ていきましょう。

身長が伸びない縮んだ理由・原因:姿勢や測り方の問題

成人してから歳をとるたびに、基本的には身長が低くなってきます。

それは膝関節や椎間板の隙間がなくなってきて、10年1cm程度小さくなってきます。

goto

goto

ただし、中学生や高校生では原則縮むことは考えられません!

なので一般的に多いのが

  • 身長の測り方が悪かった(前回が緩めに、今回はきつめになったなど)
  • 姿勢が悪かった

身長が伸びない縮んだ理由・原因:測った時間帯の問題

基本的には身長は朝が高く、夜が低くなります。

その理由としては、日中立って動いているため、椎間板が少しずつ狭くなり、朝と夜で2cm程度差が出てくることがあります。

つまり、測る時間帯によっては身長が低くなる可能性があります。

身長が伸びない縮んだ理由・原因:病気の可能性

これは可能性はかなり低いですが、もし身長が1番高い時より、5cm以上低くなっているのであれば、何らかの病気を疑ってもいいかもしれません。

それ以下であれば、上記の原因が一つ、または複数重なり、身長が低く測られている可能性があります。

身長が伸びない理由・原因:十分な睡眠をとっていない

成長ホルモンは、寝ている間にたくさん分泌されるため、十分な睡眠をとることはとても大切です。(参考文献:骨の成長・発達)

実際に、スポーツ選手としては小柄な元Jリーガーの選手が、中学3年生から高校生にかけて寝ないで夜遊びを続けたため、身長が伸びなかったという話もあります。

彼は、中学生の時に手首の近くにある「手根骨」のレントゲンを撮り、骨の端の隙間である「骨端線」から将来の身長を予測してもらったそうです。

けれども、高校2年生になっても予測した身長に近づかないため、もう一度レントゲンを撮ったところ、骨端線がなくなっていたのだそうです。

そして医師から「身長が伸びる可能性を自ら潰している」と言われたようです。

最近では、日本人の睡眠時間が世界的に見ても少ないことが分かっています。

学生の世代では、SNSやゲームなどで寝不足になることも多いかもしれません。

睡眠は、身長を伸ばすためにも大切なのです。

身長が伸びない理由・原因:間食の習慣が乱れている

スナック菓子や甘いお菓子などは、身長が伸びるのを妨げてしまう可能性があります。

保存料であるリン酸塩や砂糖、塩分を摂りすぎることで、カルシウムが骨になりにくくなることがあるためです。

実際に、身長の高いスポーツ選手は、子供の頃からおやつにスナック菓子や甘いお菓子は食べていない人が多いようです。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品、果物、おにぎりなどの、お菓子と言うよりは食事になるものを摂っています。

このことで栄養バランスが整い、身長が伸びやすくなったと考えられます。

三食の食事のバランスだけでなく、間食にも気を配ることが大切なのですね。(参考:生活の知恵をもとめて)

また、高身長になるには魚の影響もあると考えられています。

つまり、魚をあまり食べない人は低身長になりやすいと考えられます。

新潟県は高身長の方が多いということで、要因を調べた結果、魚の要因も考えられるとのこと。

それは栄養素としてはビタミンDが影響されているのではないかと考えられています。(参考資料:新潟大学学術リポジトリ)

中学生・高校生でも身長を伸ばせる!

中学生・高校生でも身長を伸ばせる!

中には

「中学生・高校生ならまだしも、大学生になったらもう身長は伸びないのでは・・・」

とあきらめている人もいるかもしれません。

ところが、大学生で身長が伸びたという人もいます。

その方法を見ていきましょう。

「亜鉛」のサプリを摂る

亜鉛には

  • 新陳代謝をよくする
  • カルシウムの吸収率を上げる
  • イライラを緩和しストレスを減らす

という働きがあるようです。

低身長の要因も亜鉛不足の可能性があると様々な論文で紹介されています。

そのため、結果的に身長を伸ばすことに繋がると言えます。(参考:CiNii)

亜鉛が入っており、中高生に人気のあるサプリメントでおすすめはプラステンアップ

飲み味も美味しく人気のある商品なのでオススメです!

また、定期の縛りがないことも安心のポイント。

ただ、継続に取らないと基本的には意味ないので続けることが大切です。

goto

goto

縛りもなしで安心!

身長が伸びるプラステンアップ2

寝る前と寝起きに軽いストレッチをする

背伸びや、太ももをほぐすストレッチなど、軽いストレッチを行うことで身長が伸びたという人も多くいるようです。

特に下肢のストレッチや柔軟はとても大切です。

バランスが崩れやすいサッカーなどは身長に影響する可能性があると指摘されています。(参考:J-STAGE)

運動を習慣化する

適度な筋トレを行うことで、成長ホルモンが分泌されます。

そのため、ある程度体を動かすことで、身長が伸びる可能性もあるでしょう。

他にも、十分な睡眠や規則正しい食生活も重要なようです。

成長期に関係なく、健やかな生活を送ることが大切であることが窺えますね。

まとめ

中学生・高校生で身長を伸ばしたい場合は、睡眠や食生活、運動などの生活習慣を整える必要があります。

つまり、

  1. 充分な睡眠をとる
  2. バランスの良い食事を心がける
  3. 亜鉛の入ったサプリを活用する(オススメ:プラステンアップ)
  4. ストレッチをする
  5. 定期的に運動する

がとても大切です。

それらに気を配ることは、身長だけでなく、健やかな心身を保つのにも役に立つでしょう。

関連記事

2 件のコメント

  1. 私は中学二年生で166㎝身長があります。低身長の人にとってはこの身長が羨ましいと言うと思いますが実際こっち側からすると『そんな風に言わないでよ。こっちはこの高身長で悩んでるんだから」ってなっちゃいます。私の理想の身長は158㎝なんですけど中学に入った時点で159㎝はありました。そこらへんで止まっててくれればよっかったものの一向に止まる気配もなく二年間で7㎝も伸びました。いつの間にかこんなにデカくなってて身長が戻ってほしいと毎日のように思っています。正座とか夜更かしとかしてもなかなか身長が縮まりません。効果のあるやり方を教えてほしいです。

    • 長谷川Rさん

      コメントありがとうございます。
      深刻な悩みなのですね。

      長谷川Rさんが言われているように、夜ふかしも可能性としてあります。
      分かられているとは思いますが、基本的に身長を伸ばすことと逆のことをしたら、可能性はあります。

      つまり、

      ・亜鉛を摂らない
      ・成長ホルモンを出さない
      ・睡眠が短い
      ・運動をしない

      などです。

      ちなみに正座は、あまり効果はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください