急性カフェイン中毒の症状と原因!量による死亡率と治療法は?

[最終更新日]2015/12/24

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

Pocket

みなさんコーヒーって好きですか?

多分好きな人って多いのではないでしょうか。

僕もかなり大好きです。

最近ではカフェやコーヒーショップ、コンビニでのコーヒー販売など様々なところでコーヒーを販売しており、かなり需要は高まっているようです。

そんな中、衝撃的なニュースが舞い込んできました。

カフェインの過剰摂取で死亡する可能性があるということが分かりました。

では急性カフェイン中毒の原因と症状について気になったので調べてみました。

また死亡率と治療法について、さらに含有している飲み物も調べてみました。

急性カフェイン中毒の原因と症状!

130107ECcoffee_jpg__610×410_

急性カフェイン中毒とは

短時間のうちに多量のカフェインを取ることにより引き起こされる中毒症状。

なるほど∑(゚Д゚)

・多量に
・短時間で
カフェインを取ることが原因のようですね。

そんなに過剰摂取しないよ!

と思いますが摂取量の基準がわかりませんね(^_^;)

ではどんな症状が急性カフェイン中毒ででてくるのでしょうか?

軽度の場合

・不眠
・吐き気
・神経過敏
・焦燥感
・興奮
・心拍数増加
・頻尿

あるあるこんな症状と思った人は逆に一歩手前かもしれません。

ちなみに僕もこのような症状ありますね。

重度の場合は

・胃や胸の痛み
・頭痛
・吐き気や嘔吐
・動機
・痙攣
・歩行困難
・同行拡大

などがあるようです。

ちなみに僕は頭痛によくなりますので重度かもしれません(T ^ T)

Sponsored Link

摂取量による死亡率と治療法について!

カフェイン摂取量による死亡率が気になりましたので、

調べてみました。

急性カフェイン中毒は

1時間以内に6.5mg/kg 以上の量を摂ると半分程度の人に起こり、3時間以内に17mg/kg以上の量を摂ると、ほぼ確実に急性の中毒症を引き起こすといわれています。

と書かれていました。

正直ピンときませんね。

ではわかりやすいように、体重で考えたいと思います。

仮に体重60kgの場合、1時間で390mgを取ると半数の人が急性カフェイン中毒になると言うことですね。

ちなみにアメリカで急性カフェイン中毒で死亡した例があるようです。

ただし、あまり起こり得ない量ですので普通に飲んでたらなかなか死亡しません。

個人の耐性にもよりますので一概には言えませんが。

治療法としてはとにかく体からのカフェインを出すこと。

なのでお水などを飲んでカフェインを排出してください。

ただし、慢性的なカフェイン中毒者はそれでは治りませんのでお医者さんへいったほうがいいようですね。

カフェイン含有の飲み物リスト

コーラ_-_Google_検索

ではどんな飲み物にどのくらいカフェインが入っているのでしょうか。

調べてみました。

・コーヒー 90 mg
・コーラ  10 mg
・栄養ドリンク 50 mg
・紅茶 20 mg
・緑茶 20 mg
・エナジードリンク 60mg

全て100mlあたりで記載しています。

こう見てみると意外に入っているものって多いですね。

どれもあまり量を飲めませんが、一つ気をつけていただきたのはエナジードリンク

とくにこれはジュースのように飲めてしまうので、水分補給がてら飲む人が多数です。

そのため飲み過ぎて発症する可能性が高いので注意してください。

まとめ

いかがでしたか?

みなさん取りすぎていませんか?

本当に体が基本なので気をつけていて損はないはずです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Pocket

Sponsored Link

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【衝撃画像】ポインコ何食べてるの!!!?

【荒稼ぎ】ボビーオロゴンの資産がヤバイ!

この記事を読んだ人にオススメ!!