お役立ち

7pay(セブンペイ)の使い方|メリットとデメリットを紹介!

7pay(セブンペイ)の使い方|メリットとデメリットを紹介!

セブンイレブンがモバイル決済サービス「7pay(セブンペイ)」を始めて大きな話題となっていますね。

 

「お得に買い物できるなら使ってみたいけど、どんな感じなのか分からない…」

と感じている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、7pay(セブンペイ)の使い方やメリット・デメリットについて紹介します!

7pay(セブンペイ)とは

7pay(セブンペイ)とは

引用元:セブンイレブン

7pay(セブンペイ)とは、2019年7月1日から始まったセブンイレブン独自のモバイル決済サービスです。

 

スマートフォンアプリの「セブン-イレブンアプリ」で

  • 決済
  • クーポンの表示

などができます。

 

つまり、商品を購入したり、お得に商品購入ができます。

7pay(セブンペイ)の使い方

7pay(セブンペイ)の使い方はとっても簡単です。

 

それでは、7payの使い方を見ていきましょう。

7pay(セブンペイ)の使い方

 

1.App StoreやGoogle Playでセブンイレブンアプリをダウンロードします。

セブン‐イレブンアプリ

セブン‐イレブンアプリ
開発元:Seven-Eleven Japan Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

2.7pay(セブンペイ)のバナーから初期設定画面に入り、初期設定を行います。

 

3.利用前にチャージします。

チャージは、店頭のレジ、セブン銀行のATM、各種クレジットカードから行うことができます。

 

4.買い物の際に、レジで店員さんに7pay(セブンペイ)で支払う旨を伝え、QRコード/バーコードを表示して提示します。


引用元:セブンイレブン

 

7pay(セブンペイ)の登録方法はこちら詳しく確認できます。

7pay(セブンペイ)のメリットとデメリット

実際に利用するにあたり、どんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

ここを把握することで使うべきかどうかを判断できます。

7pay(セブンペイ)のメリット

ではまずはメリットから。

メリット1.nanacoポイントがお得に貯まる

メリット1.nanacoポイントがお得に貯まる

引用元:7pay

nanacoカードを提示しなくても、nanacoポイントを貯めることができます。

 

実は、7pay(セブンペイ)の利用が始まった20019年7月1日より、お買い上げ200円ごとに付与されるnanacoポイントの還元率が、それまでの1%から0.5%に下がりました。

けれども、7pay(セブンペイ)で支払いをするとこれまでの1%のままの還元率が維持されます。

 

例えば、1,000円分のお買い物をした場合

  • nanacoカード:1,000円×0.5%=5ポイント
  • 7pay:1,000円×1%=10ポイント

となります。

 

この2倍の違いは大きいですよね!

 

ただし、2019年10月末のキャンペーン終了までとのことなので、ご注意ください。

メリット2.割引やクーポンが使える

メリット2.割引やクーポンが使える

引用元:7pay

7pay(セブンペイ)は割引やクーポンが使えることも大きなメリットです。

例えば、ジュースが20円引きのクーポンなどがあります。

 

LINE payやpaypayが20%還元キャンペーンなどを行っていない時期などは、こちらを使う方がお得と言えます。

 

ちなみに、2019年7月1日から7月10日までの間に初期登録設定をすると、おにぎり1個無料クーポンがもらえるキャンペーンが行われています。

登録の予定があるなら、早めに行った方がお得ですよ!

メリット3.バッジやセブンマイルが貯まる

メリット3.バッジやセブンマイルが貯まる

引用元:セブンマイルプログラム

バッジやセブンマイルが貯まるため、さらにお得にお買い物ができるようになります。

 

特にマイルにおいては、2019年9月1日より「セブンマイルプログラム」が始まります。

お買い上げ200円ごとに1マイル貯まり、1マイル=1ポイントでnanacoポイントに交換できるようになります。

 

セブンマイルはセブンイレブンの他にも

でもセブンマイルが貯まります。

 

ランクアップ制度は、ランクアップするたびにnanacoポイントがもらえます。

引用元:セブンマイルプログラム

 

他にも人気アプリが無料で楽しめたり、イベントへの参加、優待特典なども受けれる予定です。

7pay(セブンペイ)のデメリット

続いて7pay(セブンペイ)のデメリットです。

デメリット1.セブンイレブンのみでしか利用できない

デメリット1.セブンイレブンのみでしか利用できない

引用元:セブンイレブン

今後はセブン&アイグループの加盟店での利用も期待できますが、サービス開始の時点ではセブンイレブンのみでしか利用できません。

 

その点では、多くの場面で使えるpaypayやLINE payの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。

今後、加盟店が増えるのに期待です!v

デメリット2.還元率が低い

還元率が低い

引用元:セブンイレブン

paypayやLINE payの還元率は3.0%以上です。(キャンペーン適用もあり)

 

それに比べて、7pay(セブンペイ)の還元率は基本0.5%なので、比較するとどうしても低さが目立ってしまいます。

そこが7pay(セブンペイ)のデメリットとも言えるでしょう。

まとめ

セブンイレブンのみでの利用や還元率の低さなどのデメリットを、お得なサービスでカバーしようとしている印象を受けます。

 

今後の展開に期待しつつ、あなたのライフスタイルに合わせて、7pay(セブンペイ)上手に使っていけるといいですね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-お役立ち
-,

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2019 All Rights Reserved.