家電

Oculus Goレビュー・評価まとめ|購入はAmazonか公式で!

投稿日:




VRを家庭で楽しむのなんてまだまだ未来の話。

そう思っていたら、実はみんなもう持ってたりするんですね。

 

どうやらOculus GoというVRヘッドセットが人気なようです。

Oculus Goのオススメの機能やレビュー・評価をまとめ紹介していますので、最後までご覧くださいね。

Oculus Goの機能・スペックからみる、オススメポイント

Oculus Goの機能・スペックからみる、オススメポイント

Oculus Goの機能・スぺックは、このようになっています。

ディスプレイ 538ppi
LCD
180インチ相当
プロセッサー Qualcomm
Snapdragon
821
オーディオ スピーカー内蔵
3.5mm
オーディオジャック
付属
バッテリー 動画視聴:約2時間
価格(税抜) 32GB:
¥23,800
64GB:
¥29,800
付属品 ヘッドセット
コントローラー
眼鏡スペーサー
USBケーブル
単三電池1本

映画や映像をVRで楽しむには十分オススメな機能・スペックを備えています。

 

Galaxy S7と同じ2560×1440の5.5インチ液晶です。

ですが、実際にみると180インチ相当で大画面となっています。

 

スピーカーも内臓しています。

音漏れが気になったり音質にこだわりたい時には、ヘッドフォンの外付けも出来ます。

 

Oculus Goのオススメポイントは、何といっても手軽さです。

 

他のVRヘッドセット・VRゴーグルは、PCに繋げたりスマホを差し込んで使用します。

高スペックのPCを用意するコストや、ケーブルで繋がれるのが面倒でした。

スマホ差し込みは重さが増しますし、スマホが熱くなってしまう問題がありました。

 

Oculus Goは独立型なので、他の機器を使わなくてもVRを始める事が出来ます。(初期設定にはスマホが必要です。)

リモコンでテレビをつけるように、頭にかぶるという動作だけで使えるんですね。

 

一番のオススメポイントは価格が安いという事です。

税込で32GBで2万円台、64GBでも約3万円で購入できます。

 

VRに興味があっても買うほどでは無かったんですが、購入を検討してしまうお値段ですね!

 

Oculus Goの専用アプリでNetflix・niconicoを視聴する事も出来ます。

Amazonプライムビデオ、Youtube、dTVもブラウザで視聴可能です。

 

スマホを手に持ち続けなくても、ごろ寝でいつもの動画が見れるんですね。

 

Oculus Goには、キャスト機能というものも追加されました。

キャスト機能はOculus Goで見ている映像を、周りの人がスマホで見れるという機能です。

1人で楽しむだけでなく、友達がいる時などにも体験しやすくなりますね。

 

VRヘッドセットの機能・スペックにトラッキングという項目があります。

トラッキングとは、頭や体の動きにどれだけ反応するかという事です。

「どれだけ映像世界に入り込むか」が魅力のVRにとって重要なスペックです。

 

頭の動きだけに反応するのが3DoF。

体の動きにも反応するのが6DoFです。

 

Oculus Goのトラッキングは3DoFです。

VR映像内で物に近づいたり、しゃがんだりすることは出来ません。

 

しかし、ホームシアターのように映像を楽しむのであれば、リーズナブルなOculus Goは十分オススメです。

Oculus Goのレビュー・評価まとめ

Oculus Goのレビューや評価をまとめてみました。

レビューを見ると、セットアップは簡単に出来るようですね。

スマホと比べたら画像分を差し引いても、断然臨場感がありました。
購入して良かったと思いますが、バッテリーの持ちがもう少しあれば星5つです。

バッテリーは映画で2時間30分、ゲームで2時間程持つそうです。

VR体験がしたかったので購入しましたが、まったく使い物になりません。
画質がとても悪く、臨場感のかけらもありません。
視点がうまく合わずに酔ってきます。
内部ストレージに保存した動画もなぜか読み込み時間が必要で、10分たっても再生されません。
それほどサイズの大きい動画ではないのですが...。
とにかく、まだVR体験として実用できるレベルの商品ではありません。
買ってとても後悔しています、購入を考えている方の参考になれば幸いです。

画質は悪いと評価するレビューがちらほら見られます。

元の映像の画質、普段見ている映像にもよりそうですね。

3DoFのOculus Goでも、ゲームコンテンツは結構あるみたいです。

面白いというレビュー・評価がたくさんありました

 

日本語入力に非対応なのがネックなようですね。

Oculus Goの購入はAmazonか公式で!

Oculus Goを購入する時は、Amazonか公式で購入しましょう!

日本正規品を購入できるのは、Oculusの公式ストアかAmazonだけです。

 

AmazonにはOculus Goを販売しているストアがいくつかあるので注意が必要です。

「※この商品はAmazon.co.jpが販売・発送します」という表記がある商品が正規品です。

非公式業者が販売している並行輸入品は、割高だったり保証がなかったりします。

 

(Oculusの公式HPは、2019年1月16日現在、エラーで入る事が出来ません。)

まとめ

Oculus Goのおかげで、生活にVR機器を導入する敷居を低くなったようです。

 

「Oculus Goでは物足りない」という人には、6DoFのハイエンドモデル「Oculus Quest」が発表されています。

発売日は2019年春、価格は約45,000円になるそうです。

 

もうすぐ発売だと思うと、ちょっと悩みますね。

VRが気になっている人はぜひ、Oculus Goをチェックしてみてください!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-家電
-Oculus Go

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2019 All Rights Reserved.