一般ニュース

西野朗監督が退任!なぜクビか理由は何?海外からの評価は?

投稿日:



西野朗監督が退任!なぜクビか理由は何?海外からの評価は?

サッカー、W杯ロシア大会にて日本サムライブルーの監督を務めた西野朗監督(63)が、7月末の任期満了を持って退任することになりました!

 

4年に1度しかないW杯で日本を2大会ぶりに決勝トーナメントまで導いた西野朗監督ですが・・・。

 

なぜ退任するのでしょう?もしかしてクビ?

理由は何?

日本国内だけでなく海外からの評価は?

 

そんな西野朗監督について知りたいあなたへ!

西野朗監督が退任と話題に!辞めないでとう声も

W杯2大会ぶりに日本サムライブルーを決勝トーナメントまで導いてくれた西野朗監督が退任!なぜクビか理由は何?海外からの評価は?が退任と話題になっています。

たったの2ヶ月という任期でここまでの成果を挙げられた西野朗監督には「辞めないで」という声も上がっているようです。

 

実際にツイッターでは

などといいう声が上がっています。

残念ですね〜。

 

他にも、野球評論家の張本勲氏がTBS系「サンデーモーニング」にて

「続投でいいんじゃないの?」

と日本代表チームだから日本人の指導者でいいということを訴えていました。

西野朗監督はなぜ退任?クビの理由を調査

辞めないでほしいという声が多く上がっている西野朗監督ですが、なぜ退任するのでしょう?

クビの理由を調査してみました。

 

退任の理由として、西野朗監督の年齢が挙げられるようです。

西野朗監督は現在63歳。

W杯は4年に1度ですから、その時のことを考えてもっと若い監督が良いとのことです。

 

ちなみに前任のハリルホジッチ元監督は66歳でした。

そして次期監督最有力候補と言われている元ドイツ代表ユンゲル・クリンスマン氏は53歳。

ユンゲル・クリンスマン

西野朗監督より10歳若いですね。

 

しかし、ご本人はツイッターで日本の時期監督候補であることを否定しているようです。

西野朗監督の日本の評価と海外の評価

西野朗監督が退任した理由は「年齢」が原因とのことでしたが、ここで西野朗監督の日本の評価と海外の評価を見てみましょう。

 

まずは日本の評価です。

 

日本サッカー協会、田嶋幸三会長は

「素晴らしい手腕を発揮してくださり、彼を信じてよかった」

と語っています。

 

西野朗監督は選手からの信頼も厚かったそうですね。

そして好評価が多いのが海外から。

 

オーストラリアからは、

「彼にもっと時間があれば、彼の哲学を実行できたと思う。彼を留任させるべきだ」

「準備期間が8週間しかなかったにも関わらず、素晴らしい監督だったね」

 

アルゼンチンからは、

西野朗監督は素晴らしい仕事をしたよ」

「西野朗監督は完璧だ!次期監督にもなるべきだ!」

 

アメリカからは、

「ちくしょう、なぜやめるんだ?彼は極めていい仕事をしたのに」

他の国からも様々な称賛の声が届いています。

 

本当に退任が残念でなりませんね。

最後に

西野朗監督が退任!との記事でしたが、個人的にも続投してほしいですね。

監督が変わるたびに1から信頼関係を築き直さなければならないのは選手にとって負担でしょうし、何より選手には余計な心配はせずサッカー1本に集中してもらったほうがいいですよね。

 

また外国人監督を起用して通訳を介しての指示では、なんだか監督と選手との間に温度差が生じてしまいそうで不安です。

 

たった2ヶ月という任期で日本を決勝トーナメントまで導くことができた西野朗監督には、年齢のや体力の不安はあるでしょうがやはり続投して頂いて、日本のサッカーをもっと高みに引き上げてもらいたかったです。

 

ですが、西野朗監督自身は監督という立場にこだわらずとも、別の形で日本のサッカーに貢献して行きたいとの思いがあるようで、その点は心強いですね!

 

それではありがとうございました!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-一般ニュース

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2018 All Rights Reserved.