一般ニュース

たつき監督はなぜ降板?問題の理由や辞めないでと署名活動!

投稿日:

Sponsored Link

みなさんアニメは好きですか?

まぁ嫌いな人なんているのかと思うくらい私たちはアニメが日常でしたね!

私もアニメが大好きな1人です。

最近特にはまっているのが弱虫ペダルですが、コミックとは違う迫力がありとっても楽しいです!

 

 

 

Amazon Prime入っている方は無料で見れますので、ぜひ見られてくださいね♪

そして、最近ブームのけものフレンズも有料ですが見ることができます!

 

 

 

その皆が大好きな『けものフレンズ』ですが、その監督である『たつき監督』が降板されました。

なぜ降板したのでしょうか?問題の理由や辞めないでと署名活動が始まっております。

問題の理由をご覧いただき、署名をするかしないかの判断をぜひして頂ければと思います。

たつき監督とは?

まずは『けものフレンズ』の監督をしているたつき監督はどんな方なんでしょうか?

気になるたつき監督のプロフィールを見て見ましょう。

たつき監督のプロフィール

名前 たつき
出身地 京都府
住居 日本(現在)、ケニア(幼少期)
別名 尾本達紀、尾本たつき
職業 アニメーター

たつき監督の年齢気になりますね。

気になる年齢ですが、探しても確認が取れませんでした。

 

 

 

たつき監督の意思かどうかは分かりませんが、年齢は全く公開されておらずわかりません。

ただし、大学時代に立ち上げたアニメーションサークルの作品が2008年になっております。

 

 

 

このことから、大学に通っていたのは2005年〜2011年の間と考えられます。

あくまでもストレートで大学にいっていたらの話ではありますが笑

 

 

 

そう考えると2017年時点で、たつき監督の年齢は31歳〜35歳と考えられます。

そこで更に気になるのが幼少期にはケニアで過ごしていたこと。

 

 

 

ケニアは様々な場所で凶悪犯罪や暴行事件が多発しているところです。

そんなところで幼少期に育ったとはすごいですね。

たつき監督の顔の画像

では、たつき監督の顔画像が気になるかと思います。

こんなバラエティーに飛んだ、たつき監督の顔がどんなか気にあるかと思います。

どうぞご覧ください。

おーお、たつき監督の顔はこういった顔なんですね。

パーツ整っているのでイケメンの部類になるのではないでしょうか?

 

 

 

ファッションがジップonジップなのが気にありますが笑

年齢の割には髪が心配ですね。

たつき監督が『けものフレンズ』降板!

たつき監督が『けものフレンズ』の降板が決まりました。

これは本当にびっくりですね。

『けものフレンズ』はたつき監督が半分作ったようなものです。

そのたつき監督を降板させるとはどういうことなんでしょうか?

 

 

 

まずは『けものフレンズ』の公式ページでの公表です。

「けものフレンズ」に関しまして、すでに新規映像化プロジェクトの制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です。

そのような中、今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。

「けものフレンズ」は動物ファーストの理念のもと、関わってくださったすべての方々の手によってゲーム、コミック、アニメ、舞台と展開して参りました。広く門戸を開放し、理念に賛同していただける方々のお力添えをいただき、世界を広げていきたい。そのために誰のものでもないプロジェクトとして、動物のための「けものフレンズ」として活動を重ねて参りました。

しかし、アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。

 

「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関しては、上記のような経緯で一部滞っておりますが、「けものフレンズプロジェクト」は今後も御協力をいただく皆様と共に作品を守り、ファンを守り、動物たちのことをもっと知ってもらう活動をこれからも初志貫徹、続けていく所存です。映像化に関しましても、改めて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります。

今後とも様々な「けものフレンズプロジェクト」をよろしくお願いします。

出典:けものフレンズ

この内容は2017年9月27日に発表された情報です。

これで確然とした方は多いのではないでしょうか?

 

 

 

ここではたつき監督の名前は一言も出ておりませんが、ヤオヨロズとはアニメション制作会社で、ヤオヨロズと『たつき監督』は契約を結んでおり、派遣をされていたというイメージになります。

そのことで『けものフレンズ』からたつき監督も降板になったということになります。

けものフレンズはKADOKAWA(カドカワ)というところがアニメの権利を持っており、KADOKAWA(カドカワ)とヤオヨロズ株式会社が交渉決裂したということになります。

 

 

 

ここまでの内容の経緯をまとめると、

  1. KADOKAWA(カドカワ)の許可なく、ヤオヨロズ株式会社が作品利用
  2. KADOKAWA(カドカワ)が事前許可を依頼するが、ヤオヨロズ株式会社が拒否
  3. 交渉決裂により2017年8月ヤオヨロズ株式会社が次回作を辞退。実質たつき監督が降板
  4. 2017年9月27日にKADOKAWA(カドカワ)より通達

という経緯になります。

 

 

 

ではもっと詳しく調査します。

Sponsored Link

たつき監督はなぜ降板か!問題の理由を調査

ヤオヨロズ株式会社の作品利用でたつき監督が降板になったことは分かりました。

ヤオヨロズ株式会社はなぜ作品利用について許可を事前に出すことに対して反対をしたのか、実際の意向が気になるところです。

 

 

 

ここまで聞く限りだとヤオヨロズ株式会社が許可なく『けものフレンズ』を利用したことが悪いような気がします。

もう少し詳しく調査し、たつき監督がなぜ降板になったのか、問題の理由を追求していきます。

 

 

まず、けものフレンズのアニメの権利を持つKADOKAWA(カドカワ)の役員は

たつき監督の功績は大いに認めており、ヤオヨロズのみなさんと今後のことについてどうするべきか相談に入った。

ヤオヨロズのみなさんと今後のことについてどうするべきか相談に入った

2017年10月3日にコメントが出ており、前向きに進んでいるのではないかとのことです。

ヤオヨロズ株式会社の役員・福原もようやくtwitterで呟いております。

この感じからすると和解の方向へ進んでいるような気がします。

 

 

 

 

たつき監督が降板になった理由についてはヤオヨロズ株式会社がどのように表明しているかが気になります。

現状としてはヤオヨロズ株式会社からは何も発表されていません。

 

 

 

たつき監督については、けものフレンズHPで発表される前の2017年9月25日に

と発表しております。

この時点ではヤオヨロズ株式会社が辞退というより、KADOKAWA(カドカワ)側からの解雇という形の方が近いのかもしれませんね。

さらにたつき監督は

と呟いております。

 

 

 

このことから大分、たつき監督はなぜ降板したのか、問題の理由がわかってきましたね。

おそらく、ここまでの経緯をみると、たつき監督が降板したの理由はKADOKAWA(カドカワ)とヤオヨロズの問題に巻き込まれたのではないかと思います。

 

 

 

たつき監督に問題があり、降板の理由に繋がったのではないということです。

それでないと

このようなツイートを2人はしていないと思います。

 

 

 

ただ、KADOKAWAの井上専務は

と呟いています。

ちょっと待てよ!

 

 

 

  • 監督降板の経緯
  • 版権使用の認識の違い

で揉めてたことは分かりましたが、更に監督に対して

監督のツイッターでのご発言の真意にはそういったことが積み重なったことが原因である

といっています。

そういったとは版権使用の認識の違いにかかってきます。

 

 

 

ということは、たつき監督も直接、版権の2次使用に関わっているということになります。

認識の違いということをいっているので行為ではないと思いますが、たつき監督も降板理由に関与した可能性が高いと言えます。

たつき監督に問題があり、降板になっている理由もあるということです。

 

 

 

その為、全ての経緯をまとめると

  1. 版権の権利を持つKADOKAWA(カドカワ)に許可なく、ヤオヨロズもしくは、たつき監督がけものフレンズを利用
  2. KADOKAWA(カドカワ)とヤオヨロズ株式会社と話すも版権の認識に相違があり、2部作制作をヤオヨロズ株式会社から辞退
  3. たつき監督はヤオヨロズ株式会社からけものフレンズを降板になったと聞かされる
  4. たつき監督が『けものフレンズから外されることになった』と降板をツイート
  5. たつき監督降板がファンに火をつけ、KADOKAWA(カドカワ)がバッシング、株価も軟調に
  6. 慌てて、KADOKAWA(カドカワ)はヤオヨロズに再交渉する
  7. 認識の違いのツイートと前向きな発言が出てくる

というここまでの経緯で終わっています。

 

 

 

現状では『けものフレンズ』が再開するとは、話が上がっていません。

たつき監督辞めないでと署名活動実施中

そこでたつき監督に

  • 降板しないで
  • 辞めないで

というツイートが集まっています。

そのツイートがこちら

更には降板しないで、辞めないでと署名運動も始まっております。

ぜひ皆さんも署名運動に参加してください!

 

 

 

たつき監督やめないで署名運動

まとめ

たつき監督はなぜ降板になったのか、問題の理由などを調査しました。

今回調べて見る限り、KADOKAWA(カドカワ)だけが悪いわけではなく、たつき監督、ヤオヨロズ株式会社にも問題があったと分かります。

どちらが悪いというわけではないかもしれませんが、たつき監督に復活して欲しいことは変わりありません。

 

 

 

みんなで『けものフレンズ』を観て、次回作を待ちましょう♪

 

最後までありがとうございました!

Sponsored Link



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-一般ニュース

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2018 All Rights Reserved.