一般ニュース

​博多地震が5月13日前後にと予想!ガセやウソの情報ではない?!

投稿日:

Sponsored Link

緊急速報!

博多地震が5月13日前後に起こる可能性が高いと、大地震予想を的中させてきた教授からの警告が報じられました!Σ(‘◉⌓◉‘)

中国でも地震があったし、熊本でも震度4の地震がありましたね。

ガセやウソとは言い切れない、情報の信憑性を調査しました!

福岡の博多地震が5月13日前後に起こるとツイッターで話題

福岡の博多地震が5月13日前後に起こるとツイッターで話題になっています。

その話題のツイートを見て見ましょう!

 

https://twitter.com/nzm_tt6/status/862682246511075328

福岡の博多を中心に地震が5月13日前後に起こると、ツイッターは騒然。
博多に住んでいる人、勤務先がある人の冗談めかしたツイートが溢れていますが…

Sponsored Link

福岡の博多地震が5月13日前後に起こるのはガセ?ウソ?

福岡の博多地震が5月13日前後に起こる予言なんかは、来る来ると言って結局来なかった、人騒がせなガセやウソって事が殆どだけど、最近は研究の成果か、大地震をピタリと当てている教授もいるようです。

その1人が今回の警告を発した高橋教授。

 

 

「週刊女性」にて、茨城県北部地震(最大震度6弱2016年12月18日)、の千葉県北東部地震(最大震度4、2017年2月19日)の予想を当てています。

 

 

ガセでもウソでも、もはやどこで地震が起こってもおかしくない地震大国日本。たまにこんな予測があっても自分の防災を見直す機会があって良いのかもしれない…。

福岡の博多地震が5月13日前後に起こる可能性はあるのです!

博多地震が5月13日前後に起こる予想の情報をまとめた

立命館大学・歴史都市防災研究所の高橋教授の予想をまとめると、

2005年3月にM7・0で最大震度6弱の福岡県西方沖地震が起きています。それまで地震がほとんどなかったため、地元の人たちは“九州にも大地震がくるのか”と驚きました。このとき地震を引き起こしたのが総延長約55kmの警固断層の北西部で、同じ断層の南東部はまだ動いていません。この静かな南東部がいよいよ近日中に動いて大地震を招くのではないかとみています(高橋教授)

熊本地震以前は、火山はあれど地震の少ない地方として名前が挙がっていた九州。

プレートから考えても、大地震の可能性があるよ~と専門家の警告はあったようですが、2016年より以前のネットの話題では北九州は地震が少ない、という情報が多々あります。

地表から断層は見えませんが、博多の街のど真ん中を貫いています。つまり、警固断層の南東部が動くと、博多を内陸直下型地震が襲うことになる。下からドーンと突き上げます。海中で起きる海溝型地震とは異なり、内陸直下型地震は揺れが1秒周期と短く地表の建物は倒壊しやすくなります。そもそも海に近い博多周辺は地盤がゆるいので十分な警戒が必要でしょう(高橋教授)

ついこの前に、博多駅前の道路が大陥没してニュースになりましたが、事故の原因として

「地質を正確に把握する事が困難だった」

という見解が出ました。

 

 

地盤がデコボコしていて脆弱なんですって。なんと、2008年にも博多では中洲の遊歩道で陥没事故が起きています。

博多周辺はもともと、日本三景の『天橋立』のような細長い砂嘴をいくつも並べたような“櫛形”の地形で、櫛の間の海を埋め立てて人が住むようになりました。東京の湾岸部も同じですが、非常に地盤がゆるいところなので地震によって大ダメージを受けやすいんです(高橋教授)

なるほど、揺れが起きた時に弱いと。

それで何故5月13日前後なのかというと...

大地震は突然起きません。まず、それまで地震がほとんどなかったところでM3~4クラスの地震が数回以上発生します。それから約60日間の静穏期を経て、M2~4クラスの地震が起きます。するとその半日後から3日後にかけて大規模地震が発生しているんです。’95年の阪神・淡路大震災、’04年の新潟県中越地震、’11年の東日本大震災、昨年4月の熊本地震と同10月の鳥取県中部地震もすべて、このパターンに合致しています(高橋教授)

今年の3月13日から、福岡周辺では頻繁にM2、M3の地震が起きています。ちょうど5月13日が60日後に当たる、というわけ。13日を過ぎてもしばらくは警戒が必要ですね…。

まとめ

備えあれば憂いなし!

 

 

ガセでしょ、ウソでしょ、と取り合わないのも自由だけど、今一度自分の防災を確認してみましょう。

 

 

私は後悔先に立たず、やるだけやってだめならしょうがない…と思ってやってる(つもり)|( ̄3 ̄)|

 

 

博多以外の都道府県でもぜひ、この機会に。

 

耐震性が強化された'00年の建築基準法改正以降に建てられた頑丈な建造物に避難することをおすすめします。低層の建物の1階部分は潰れると思ったほうがいい。支柱がほとんどない体育館には逃げ込まないように(高橋教授)

とっさの判断が急死に一生を得ます。

 

最後は運!

でも、せっかく予測が出ているので周辺の建物くらいは確認しておこう…。

 

 

一つ注意して欲しいのが博多で起こると言われていますが、少し場所や日時がずれること。

例えば天神や大濠などで起こるとも予想しててもいいと思います。

 

 

私は博多以外だから大丈夫!

 

 

そういうのが1番地震の時には危ないです。

 

 

更にいうと福岡の博多で地震が起きるのは5月13日前後と予想されています。

大事なことは『前後』という言葉。

 

 

ということは5月12日に起こるかも知れませんし、5月14日以降に起こる可能性もあります。

その為、5月13日を過ぎたからといって完全に安心することは控えることをオススメします^ ^

 

 

ぜひ、皆さんの大切な人にもこの情報を教えてあげてください。

万が一の時に命が助かるかも知れません。

Sponsored Link



Sponsored Link



-一般ニュース

Copyright© モヤモヤしてみる? , 2017 AllRights Reserved.