日本年金機構がウイルス感染!不正アクセスで流出した情報の確認は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

Pocket

今はSNSがかなり流行ってきていますね。

初めはmixiから始まり、

モバゲーやグリーなど、

今ではフェイスブックが

主流になりつつあります。

もともとSNSは匿名性のある

利用方法でしたが、

フェイスブックでは大体

実名の利用方法が主流となってきています。

そのため、個人情報はかなり

公にする方が増えてきているとも言えますね。

個人情報開示することに慣れてきており、

少し危機感が少なくなってきた

風潮があります。

そんな中、

2015年6月1日、

日本年金機構が125万件の

個人情報を流出した

話題になっています。

そちらについて調べてみました。

日本年金機構とは

「日本年金機構」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公的年金にかかわる一連の運営業務を

担う機関。

厚生年金保険および国民年金の

記録管理、適用徴収、年金給付などを

任務とし、民間事業者への業務の

外部委託を積極的に推進することにより、

職員の意識改革、サービスの向上、

効率的な業務の遂行をはかる。

のような書き方を

していました。

私は正直これをみて

『?』

だったため、少し噛み砕いて

説明させて頂きます。

日本年金機構が行う業務は

主に6つあります。

1.年金を受ける権利があるか確認し、

 決定する

2.年金の支払い

3.年金の加入している記録の管理

4.年金加入期間や年金見込み額などの

 お知らせ

5.事業主へ納付書発送する

6.保険料滞納者への督促

このような業務を行っているのが

日本年金機構ですね。

業務内容的には数字の管理以外は

特別難しい業務ではない気がします。

Sponsored Link

個人情報漏洩の詳細

回のニュースをまとめました。

年金機構125万件流出 職員、ウイルスメール開封  :日本経済新聞

日本年金機構の職員に電子メールが届く。

添付ファイルを2人以上の職員が開封し、

端末がウイルスに感染。

LANシステムが不正アクセスを受け、

情報が流出。

 

このような流れで流出したようです。

流出した個人情報は約125万件ほど

ということは

日本人の人口に対しておおよそ

100人に1人以上

が流出したという計算になりますね。

流出した125万件は

・基礎年金番号

・氏名

が流出しており、

そのうちの約116.7万人が

・生年月日

も流出している。

更に5.2万件は

・生年月日

・住所

も流出している。

実は感染したことが分かったのは

約1ヶ月前の5月8日。

いろいろ対策をしていたとしても

報告が少し遅いのが

残念ですし、心配ですよね。

 

流出した個人情報の確認

さんが気になるのは

流出した個人情報の中に

自分のは含まれているかどうか

ですよね?

6月2日より流出対象を

確認できるようになっているそうです。

個人情報流出した対象の方には

お知らせが来るようになっているそうです。

お急ぎであれば下記ので確認できるそうです。

フリーダイヤル:0120-818-211

受付時間:8:30~21:00(平日及び土日)

期間は6月14日 日曜まで

少し受付時間や期間が短いですね。

まとめ

さんの個人情報が流出していないことを

祈っています。

パソコンや携帯に見知らぬ

メールが届いていたら削除してくださいね!

最後までありがとうございました。

この記事を是非シェアをお願いいたします。

 

Pocket

Sponsored Link

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【衝撃画像】ポインコ何食べてるの!!!?

【荒稼ぎ】ボビーオロゴンの資産がヤバイ!

この記事を読んだ人にオススメ!!