イルカ130頭以上が茨城で打ち上げ!原因は地震の前兆か?

[最終更新日]2015/07/08

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

Pocket

イルカ130頭以上が茨城で打ち上げ!原因は地震の前兆か?

 

2015年4月10日イルカ130頭以上が茨城県鉢田市の海岸で打ち上げられたとニュースになっておりました。

急にどうしたのだろうと思い気になって記事にしてみました。

イルカは哺乳類の一種で人間とも近い動物と言われています。

見た目は全く違いますがね笑

なので人間はイルカを見たときに癒され、触れ合いたいと思いますし、イルカも人間のことを好んで近寄ってくれます。

野生動物なのになぜイルカがなぜあんなに友好的なのかも気になりが…

そのイルカが打ち上げられていると聞くとすごく心配ですよね。

ではどうのようなニュースなのでしょうか。

詳しく調べてみました。

イルカ130頭以上が茨城で打ち上げられる

2015年4月10日 午前6時15分ごろ通報があった。

「イルカが100頭以上打ち上げられている」

「まだ息があるから助けてほしい」

など様々な通報があったという。

イルカは10キロほどにわたって130頭以上打ち上げられていたという。

イルカの種類はカズハゴンドウという種類だ。

通報した方々はさぞかし驚いたでしょうね。

なにが起こっているんだと。

カズハゴンドウとはどのような種類か気にないますね。

カズハゴンドウは体長3メートルほどで体重は200キロほど

だいたい部屋の高さぐらいのサイズですね。

だいたい100頭以上の群れを作り、1000頭以上の群れも少ないが発見されている。

集団座礁(海岸等に打ち上げられる)ことは珍しいことではないという。

イルカなどが大量に打ち上げられる現象のことをマス・ストランディングともいう。

イルカはなぜ打ち上げられたのか?

10122815

ではなぜイルカ打ち上げられたのでしょうか。



その原因を見ていきたいと思います。

今回は茨城県鉾田市でマス・ストランディングが起こりましたが、この地域ではよく起こっており、水族館関係者や海洋研究所関係者はよく聞く話のようです。

マス・ストランディングの原因

原因はいくつか考えられるようです。

・地形の影響で超音波が錯乱し、方向感覚が麻痺しどこかわからなくなってしまった。

・獲物として追われ逃げているうちに座礁してしまった。

・潜水艦などで使われるソナーの影響で音波が狂ってしまった。

・病気などで脳がやられてしまった

などです。

結果からいうとマスストラディングは珍しいことではないということです。

なのでテレビでの発言やニュースを見ていると地形の問題を挙げているところは多くありました。

Sponsored Link

マスストランディングは珍しくないが130頭以上は珍しい

確かにマスストランディングは珍しくはないようですが、130頭以上はめずらしいようです。

ストラディングを時系列に都道府県別に確認できるサイトがありましたので見てみましたが、茨城県ではこのように大きい頭数が打ち上げられたのは東北大震災以来です。

それまではあまり打ち上げられてもいないですし、その後もそうです。

 

このことから推測されるに地震が起こる前兆ではないかと推測されます。

 

このようなデータもあります。

 

2011年2月21日

ニュージランドで鯨の群れ107頭が座礁

2011年2月22日

マグニチュード6.3の地震発生

 

2011年3月5日

イルカ50頭 茨城で座礁

2011年3月11日

東北でマグニチュード8.8の地震が発生

 

これは本当に因果関係がないのでしょうか。

私はかなり心配しています。

 

ここ一週間なにもなければいいのでしょうが、備えをしていて損はないと思います。

 

またゲリーボーネルという人も4月12日 地震が起きると予想しています。

これは備えておくに越したことはありません

 

ぜひご参考までに!



Pocket

Sponsored Link

オススメの記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【流出】沢尻エリカの電話番号が発覚!

【衝撃画像】ポインコ何食べてるの!!!?

ポインコ兄弟のCMグッズを調査!声はロッチ?衝撃の画像発見! ポインコ兄弟のCMグッズを調査!声はロッチ?衝撃の画像発見!

【まとめ】iPhone7のスペックや新機能

【使える】AirPodsがリアルに使える件

この記事を読んだ人にオススメ!!