BAND-MAIDのメンバー一覧まとめ!海外の反応や評判がヤバイ!

この記事は4分で読めます

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Sponsored Link

Pocket

海外で話題のBAND-MAID

その反応や評判がヤバイ⁉︎

メンバーの一覧もまとめてみました(≧∇≦)

BAND-MAIDとは

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

2013年から活動を開始している日本の女性ロックバンド、それがBAND-MAIDです☆

 

メンバーは全部で5人。

なんと全員がメイド服を着て激しいライブパフォーマンスを繰り広げるという、今までにない感じのロックバンドです(≧∇≦)

 

衣装は常にメイド服であり、ファンのことをご主人様・お嬢様と呼び、ライブのことをお給仕と呼んでいるんだとか。

 

ちなみにBAND-MAIDの名前の由来はメイドがバンドをやっているところからきたそうです。

 

コンセプトは「かわいいメイド服とハードでロックな楽曲というギャップが楽しめるツインボーカルバンド」

だそうで、本当にそのコンセプト通り、ギャップが楽しめる新しいロックですね(o^^o)

BAND-MAIDがなぜ話題に

2014年の末にBAND-MAIDがYouTubeに公開した曲を、ジャパニーズロック専門の海外ウェブラジオ局「Jrock Radio」がfacebookで紹介したのがきっかけとなり、一気に注目が集まったんだそうです( ^ω^ )

 

海外のロック、メタル系が好きな人に人気が高いようですね。

 

ちなみにその時話題になった曲は「Thrill(スリル)」という曲で、BAND-MAIDの1stシングルのカップリング曲だったそうです。

こちらがBAND-MAIDが話題になるきっかけとなったThrillです!!

BAND-MAIDのメンバー一覧のプロフィールまとめ

次にBAND-MAIDのメンバーを順番に見ていきたいと思います( ^ω^ )

 

MIKU 小鳩ミク(こばと みく)

img_0469

出身地: 熊本県

生年月日: 10月21日

ボーカルとギターを担当するMIKUさん。

ギターの担当もしていますが、なんとギターはBAND-MAIDを始めてから弾きだしたんだとか(*゚▽゚*)

 

MIKUさんがこのBAND-MAIDの発起人のようです。

元々は秋葉原のメイド喫茶で働いていて、バンドをやりたいと思ったのがきっかけだとか。

 

「〇〇ですっぽ〜」という鳩語を話すのが特徴です。笑

 

SAIKI 彩姫(さいき)

img_0470

出身地: 山梨県

生年月日: 2月8日

MIKUさんと共にボーカルを担当するSAIKIさん。

たまたま同じ事務所で活動していたSAIKIさんが、BAND-MAIDには最後に加入したようです。

 

KANAMI 遠乃歌波(とおの かなみ)

img_0472

出身地: 神奈川県

生年月日: 9月28日

MIKUさんが一番最初に声をかけたのが、ギターとコーラスを担当しているKANAMIさんだったようです。

シンガーソングライターとしてアップしていた動画をMIKUさんが見つけ、声をかけたんだそうです( ^ω^ )

 

KANAMIさんはギターだけでなく、ピアノも長年やっていて上手いようですよ♪

 

AKANE 廣瀬茜(ひろせ あかね)

img_0474

出身地: 兵庫県

生年月日: 12月14日

KANAMIさんに誘われBAND-MAIDに加入した、ドラムスとコーラスを担当しているAKANEさん。

幼い頃からピアノの弾き、吹奏楽部ではトロンボーンをやっていたんだとか。

ドラムは18歳から始めたそうです(*゚▽゚*)

 

MISA ミサ(みさ)

img_0473

出身地: 岡山県

生年月日: 10月15日

ドラムスのAKANEさんに誘われBAND-MAIDに加入した、ベースとコーラスを担当するMISAさん。

元々はギターを弾いていたこともあるそうですが、途中からベースに転向したんだとか。

Sponsored Link

BAND-MAIDの演奏動画まとめ

次にBAND-MAIDの演奏動画をまとめてみました☆

見た目と相反するかっこいい演奏を体感してみてください(*゚▽゚*)

MIKUさんの高音とSAIKIさんの低音が上手い具合に重なり合っています!!

BAND-MAID / YOLO

BAND-MAID / the non-fiction days

BAND-MAID / alone

BAND-MAID / REAL EXISTENCE

BAND-MAIDの海外の反応や評判は?

2016年3月にアメリカのシアトルで開催された、日本文化を紹介するイベントに招かれライブ(お給仕)をしたのをきっかけに、海外のあらゆる場所でライブ(お給仕)しているBAND-MAID。

ワールドツアーも開催し、今乗りに乗り出しています( ^ω^ )

 

海外ではメイド服を着ていることに対してや、その格好には似つかわしくないほど本格的な音楽や演奏で評判になっているようです(°▽°)

ジャパンカルチャーが世界各国で隆盛しているが、海外ウケのいい”メイド”と”バンド”の融合はありそうなかった。それに加えて彼女たちは、高い演奏力とのギャップが海外ファンを引きつけている。

 

また、今メタルファンの中でとても人気のあるBABYMETALとあらゆる面で比較されているようです。

その評判は、BABYMETALと同じようなことをしているだけだなどと悪いものも多いようです(*´Д`*)

 

実際には全く違うのですが、賛否両論はどこにでもつきものです。

夢は世界制覇だという彼女たちに、すでに多数の理解ある海外のファンが後押ししてくれています(o^^o)

BAND-MAIDの日本での評判は?

海外ではあらゆるイベントに出演し、ツアーも行なって話題にんsっているBAND-MAIDですが、日本での評判はどうなのでしょうか?

実際調べてみると海外の反応の方が多く、日本ではごく一部に知られているのみで、まだまだ無名のバンドだということがわかりました( ̄▽ ̄)

 

海外からの逆輸入のような形で、少しずつ日本でもこれから知られていくのかなと思います( ^ω^ )

まとめ

メイド服でハードロックという新しい形のバンドBAND-MAID。

今海外では良くも悪くもすごく話題になっているようです(°▽°)

これからは日本でももっと認知度が上がり、活躍の場が広がっていけばいいなと思います( ^ω^ )

Pocket

Sponsored Link

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

【衝撃画像】ポインコ何食べてるの!!!?

【荒稼ぎ】ボビーオロゴンの資産がヤバイ!

この記事を読んだ人にオススメ!!

  1. img_0655
  2. img_0652
  3. img_0637
  4. %e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88__%e6%89%8b%e5%a1%9a%e3%81%9b%e3%81%84%e3%81%82_%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc__seiamaru_0731_%e3%81%95
  5. img_0618